YouTubeもレビュー中心に更新中

プロ仕様で動画編集が快適に!AKG K240 STUDIO-Y3ヘッドホンを購入レビュー

K240 STUDIO-Y3全体

今まで間に合わせで購入したイヤホンで動画編集をしていたが、長時間使用していると圧迫感を感じてきたのと、音のバランスの違い(スピーカーで聴いたときの音量の違いなど)が気になったので、本格的なモニター用ヘッドホンを購入してみた。

選んだのは海外の音楽スタジオでよく使われているAKG K240 STUDIO-Y3というモデル。

それではみていきましょう。

スペック

構造セミオープンエアー型
感度(1kHz) 91dB SPL/mW
再生周波数帯域15Hz ~ 25kHz
最大許容入力200mW
インピーダンス55Ω
イヤーパッドアラウンドイヤー、着脱式、合皮製
入力コネクター3.5mm ステレオ・ミニプラグ ( 金メッキ )
ケーブル 着脱式、片出し
質量230g( 除ケーブル )
付属品EK300( ヘッドホンケーブル (3m ストレート、OFC))、
標準プラグアダプター ( ねじ固定式、金メッキ )

音抜けが良いセミオープン型

AKG K240 STUDIO-Y3の特徴はセミオープン型というところ。
高音域がしっかりと抜けてこもった感じがしない。
空間を感じることができる。
だから長時間聴いていても疲れにくく、動画編集の作業にも向いていると思った。

一部のレビューでインピーダンスが55Ωなので出力が小さいという指摘を見たことがあるが、自作PCのLINE OUTに接続する限りでは特に音の小ささは感じない。

230g( 除ケーブル )と軽量なところも長時間使用に向いている。

外出先での使用には向かない

よく使用されているヘッドホンは密閉型であることが多い。
電車の中やカフェなど、雑音があってもある程度遮音性があって音楽に集中することができる。

AKG K240 STUDIO-Y3はセミオープン型なので音が漏れるようになっている。
これによって音抜けを良くしているので構造上仕方ないのだが、外出先での使用には向かない

外出先で迷惑にならないように注意しよう。

イヤーパッドは少し蒸れる

イヤーパッドは合皮なので長時間使用していると少し蒸れてくる。
夏場は注意したほうがいいかもしれない。
ただケーブルとイヤーパッドは簡単に交換できるのでヘタってきても問題はない。
ケーブルは社外製のリケーブルが販売されているが、イヤーパッドの社外品は見たことがないので、メッシュタイプなんかもあれば嬉しいと思った。

まとめ

ヘッドバンドの装着感も良くて非常にコスパの高いヘッドホンだと思った。
日本の音楽スタジオでよく使われているSONY MDR-CD900STと比べて価格も安いし、もっと売れてもいいのになと正直思う。

しばらくはAKG K240 STUDIO-Y3で動画編集をするのが楽しくなりそうだ。