YouTubeもレビュー中心に更新中

【ジンバル】ZHIYUN WEEBILL-Sを購入したらまず揃えたいアクセサリー

ZHIYUN WEEBILL-S全体

最もおすすめのジンバルはどれか?
と聞かれたら、僕はZHIYUN WEEBILL-Sを必ず勧めている。

良かった点はたくさんあるが、ジンバル本体のレビューはまた今度にするとして、今回はZHIYUN WEEBILL-Sを購入したらすぐに揃えてほしいアクセサリーを紹介する。

SmallRig Zhiyun Weebill-Sジンバル用ハンドグリップ

まずはハンドグリップの紹介。
ZHIYUN WEEBILL-S通常パッケージには三脚が一つしか付いていない。
ローアングルで撮影したいときは、三脚を上部に付け替えて運用する必要がある。

使ってみるとわかるが、実際に現場では付け替えている時間はないことが多い。
特にモデル撮影になると、アングルを切り替えるたびに付け替えが必要になるので、待たせる時間も多くなる。

限られた時間の中でテンポよく撮影したいとなると、ハンドグリップは常時装着しておきたい。
そこでこのSmallRig Zhiyun Weebill-Sジンバル用ハンドグリップが生きてくる。

これがあれば、瞬時にローアングルへと切り替えができる。
さらに、現場移動時の持ち運びもラクだ。
前後はゴム製でグリップ力は十分にあって、六角レンチの収納やネックストラップが装着できるようにもなっている。

堅牢性も抜群で安心して使えるところも良い。

SmallRig ジンバル専用 アルカスイス規格クランプ 底プレート

次はアルカスイス互換のプレート。
僕はカメラ機材は全てアルカスイス規格に統一している。

三脚や一脚などシームレスに載せ替えたいので人には重宝するアクセサリー。
ジンバル専用というだけあって、細かいメモリが付いていて、前後のカウンターバランスが取りやすくなる。
もちろん着け外しもレバーを緩めるだけでOK。

中華製の格安品もあるが、締め付け部分の剛性は全然比べ物にならないくらい堅牢にできている。

過去に中華製でカメラが外れそうになってヒヤッとした経験があるので、信頼のSmallRig社製を選んだ。
特に三脚と違って、ジンバルは常に動かして使うものなので、耐久性や信頼性はかなり重要だと感じている。

撮影した動画作品

他にも沢山のアクセサリーがあるが、実際に現場で使用してきた経験からしても、上記2点を揃えておくと安心して運用ができる。

ZHIYUN WEEBILL-Sは、値段も安くなってきた上に、2021年に入っても現役で使えるジンバルなので、ミラーレスや一眼レフを持っている人は今からでも購入をおすすめする。