【NEW】9/25 [土] 9:00~ Amazonタイムセール祭りはこちらをクリック

【速報】SONY(ソニー)シネマカメラFX3 Cnema Lineリーク情報(噂)まとめ

FX3-front-rends

どうも、モノタイムス/mono timesのひでです。

久々にテンションが上がる情報が!
α7Ⅲを購入してからは、性能にある程度満足していて、次買うならシネマカメラかなぁと思っていた矢先にSONYのFX3 Cnema Lineが発売されるとのリーク情報が入った。

ガジェット好きとしては凄く気になるトピックなので、今僕が知る限りの情報をまとめてみた。

FX3のリーク写真からわかる情報

FX3全面リーク画像

2/12現在でリークされている写真はこの2枚。
ビジュアルから読み取れるのは下記だ。

外観はSIGMA fpをイメージさせる小型で堅牢なボディ

角張ったデザインにαの称号、FX3という名前からはFX6のエントリー機としての位置づけが予想される。

今までαシリーズを使ってきた映像クリエイター達がシネマカメラに興味を持ち始め、足掛かりとしてFX3を市場に投入する戦略は大いに有り得る。

Eマウントの可能性は高い

GMasterレンズが装着されていることから、恐らくEマウントの可能性が高い。
当然AFも入ると予想。

カスタムファンクションボタンが6つ搭載

向かって表面左上に3つ、左下に1つ(RECボタン兼用か)、裏側に2つ、の合計6つのファンクションボタンが確認できる。
配置から予測できるのは、かなり右手で操作することに重点を置いた設計になっているところ。

上面にはRECボタンとジョイスティックがある

RECボタンが大きめに配置され、如何にもシネマカメラの雰囲気に。
ジョイスティックはFX6にも搭載されていることから、メニューのUIはCnema Lineを踏襲する可能性がある。

1/4インチネジと思われる穴が4つ

カメラ上面に3つ、向かって右側に1つの1/4インチネジと思われる穴が確認できる。底面の画像はないが数個追加で穴がある可能性が高い。
ケージでリグを組むより純正で穴が多いほうがスマートに拡張できる可能性が高い。

排気口らしきものが側面にある

パネルのヒンジ横に排気口らしきものが見える。
S1HやSIGMA fpのように空冷ファンどうかまではわからないが、何らかの冷却システムを搭載しているならαシリーズ初のシステムとなる。

バリアングルは確定

ヒンジの付き方からバリアングルモニターのようだ。チルトは恐らくできない可能性がある。

EVFはついていない

これは恐らくシネマカメラを貫いた設計とコストダウンによるものと思われる。
スチールが撮れるかは未確定だが、動画撮影においては背面パネルで確認するこ事を前提としている模様。

個人的にEVFは必要ないのだが、オプションであれば嬉しい。

ズームレバーが搭載

パワーズームをコントロールするためのW-Tレバーがレリーズ部に見られる。
別の機能が割り当てられるかは現時点では不明。

MENUボタンが右上に移動

α7Ⅲでは左側にあったMENUボタンが右上に移動している。
そのかわりMODEボタンが左側にきて、その横にはレバー式の電源らしきスイッチもある。

写真では分からない情報

センサーサイズについて

フルサイズである可能性が高く、Super35やAPS-CサイズはFX名称からして可能性が低いという見解。

画素数について

噂では8Kセンサで4Kはオーバーサンプリングだという噂が出ている。
4K/120pとの噂も。
個人的には8Kが必要ないので5Kくらいに抑えた上で解像度と画素数のバランスをとってほしいと思う。
高感度ハイスピード側に振ってくれるとユーザーとしては嬉しい。

可変NDの有無について

電子的に透過度が変わる液晶を使った可変NDが搭載される噂があるが、システムが大きいのでこの筐体には入っていないのではないかという見解も。

ただ新しいシステムの可変NDが開発されて搭載されるとかなりアツい。

価格について

FX6の単体販売が72万円程度(税込)と考えると、半額くらいの40万円前後が妥当な予測か。
ただ、α1と同じセンサーを搭載したと仮定すると、金額差に折り合いがつかないが、スチル用の装備品を外して価格を調整すると考えると40~50万あたりになるとの予測。

FX3リーク情報まとめ

現状は画像でしか判断できない部分が多いが、BMPCCを潰しにかかってくるのは間違いないだろう。

僕はα1より、今回のFX3がかなり気になる製品だということは確かである。
今後もリーク情報を追っていくので引き続き当ブログをチェックしてくれると嬉しい。